<リンクメニュー>



<ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー・リンクメニュー>

東京電力の電柱編 北海道電力の電柱編 東北電力の電柱編 北陸電力の電柱編 中部電力の電柱編 関西電力の電柱編 中国電力の電柱編 四国電力の電柱編 九州電力の電柱編 沖縄電力の電柱編


配電線の電柱を好きになって今に至るまで

電柱を好きになった当時のこと

3歳児の頃だったと思います。突然、丁度家の前にある電柱上部の形(6600Vの高圧配電線を支持するがいし付近)に興味を示したのです。
幼稚園に入園し、その時もよく不思議に思ったのか、上を見ながら歩いていたことを思い出します。
当時はよく家族で出かけることもあり、その時もひたすら、車の助手席から電線・電柱を眺めていたことも思い出します。
山へ行っても繁華街へ行っても欠かさず眺めてました。繁華街の場合ですと横浜の中華街にある赤い電柱を思い出します。
また何故見上げて楽しんでいたのかというと、今も実はよくわからなかったりもします。
動いている車から見える光景だと、電線がぐにゃぐにゃ動いていたり
電柱上部の形や電線を支持する絶縁体のがいしには色々と種類があることに関係しているのかもしれません。
電柱上部の形にもさまざまな種類があり、こんな感じのものを当時眺めていたこともちゃんと覚えています。
そう、もうその頃から既に、個人的な記録(電柱趣味)が始まっていたのです!

電柱(配電柱)上部の形に魅了された時!


電柱の種類と言えば、これがごく普通の形なのですが


当時、車で出かけた時に見たものの中には、大きく車道側へと出しゃばってたり、変わった格好をしている電柱を見たことも覚えています。
これは古いもののようで、今も探せばそれはあるのですが、上の写真がその当時に丁度、初めて見たときのものとそっくりです。
この不思議な魅力に魅了されたのかと思います。
また、こういうものを発見することにも面白さが沸いてきたのかと思います。

ここまで配電設備に興味を持ったことには実はもう一つ理由がある。
これは最近になってから父親に聞いた話なのだが、どうやら、先祖代々に電力会社に勤めておられた方がいらっしゃったようです。
その仕事内容は「巡視!」
送電と配電のどちらなのかは不明ですが、当時はバイクで送電か配電の設備の巡視をしていたという話を聞いております。
ということで、私もそれで配電設備にここまで興味を持ったとも言えそうです。

電柱のイラストを描き始めた頃

8歳頃になると、今度は家から1枚の紙を使って、電柱のイラストを描くようになりました。


写真は8歳の頃に描いた電柱のイラストのようで、親戚のおばさんが大事に取ってくれていました。

そして今は、説明するときに偶に描くぐらい。w前は小指の裏が黒くなるぐらいにまで描いていた。

その当時は唯単に、出かけた時などに見てきたものや見たことのないものを勝手に想像して描いて満足していました。
親戚のおばさんが持っているということは、そうです。親戚の家に行っても、描いている時がありました。(笑)
小学3年くらいになると今度は、100円ショップで自由帳を買ってきて、そこに電柱のイラストをひたすら描き続けていたことも覚えています。
右手にできているペンだこがそれを物語っています。(笑)

電柱模型の制作を始めた頃と電柱模型の歴史!

次に電柱模型の方ですが、電柱模型の制作は小学1年の頃から始めていたと思います。
といっても当時は、親に怒られることを恐れ、家の中に作るのではなく庭に作っていて、当時は1本の割り箸を土に挿して、1本の糸を張って喜んでいた程度です。
どっちにしても、雨や台風に破壊され、破壊されないようなものを作ることに当時は熱中していました。

1世代目の電柱模型(糸を張って唯喜んでるだけ)

(再現するとこのような感じで!写真には土台がありますが、当時は外に作っていたので土台はありません。)

これが電柱模型の製作が始まった頃になります。
また、この電柱模型にもそれぞれ、「どのようにしたら実物と似たようなものが作れるか」などと考えて製作した結果、それぞれ世代もあります。

2世代目の電柱模型

小学3年の頃だったと思います。
2世代目になるとようやく横棒が付きはじめます。それでもまだまだ物足りない感じです。
この時もまだ庭に作っていたので、近所のおじさんに笑われながら見られたことも覚えています。(笑)

3世代目
 

3世代目に入ると、ようやく割り箸の周りに紙を丸めて、実物に少し近いものが出来上がります。
これが恐らく小学4年〜5年頃の時だったと思います。

4世代目(今のものとちょっと近くなります。また土台は、この頃より作るようになりました。)

4世代目に入ると、割り箸は使わなくなり、今度はA4の紙だけで作るようになりました。
いらなくなった紙などを中に、4枚か3枚程入れて頑丈なものを作るようになりました。
それでもまだまだ全然スペースがなく、上手く再現できない感じでした。
また、この辺りで、雨や台風には結局勝つことができず、結局ここからは家の中に飾るようになりました。
小学6年〜高校2年頃まで

5世代目(現在です。)
 

変圧器はこんな感じで

5世代目に入ると、今度はA4の紙を2枚重ね合わせて、これまで作っていたものよりも、少し高さを上げたを作るようになります。
また柱の中には、5〜10枚ほどの紙を入れるようになり、さらに頑丈なものを作ることができるようになりました。
これにて、今まで作っていたものよりも高さを少し上げたので、今まで狭かったスペースも全て解消することができました。
また、これまで省略していた、かなり細かい部分も精巧に製作するようになりました。
また現在は、何も見なくても作れるのですが、最近ではかなり細かい部分も精巧に作ることから、見ながら作ることにしています。
これが現在の電柱模型です。

がいしに不思議な魅力を感じた時と電柱を好きにさせたもの
電柱上部には、電線が風などで動いてしまわないように支えたり、電柱と電線で絶縁させる為になくてはならないものがあります。
それは絶縁体、がいしと言われるものであり、種類もさまざまなものがあります。
これがあったからこそ、電柱を好きになったのかもしれません。これがなければ多分、電柱は好きにならなかったと言い切っても良いです。
エピソード1!(不思議ながいしとの遭遇!)

これは、私が4歳か5歳の頃だったと思います。母と一緒に地元のスーパーへ出かけた時のことです。
買い物を済ませて自転車の後ろに乗った自分はやはり、電柱上部を見上げてしまいます。
すると、電線を引き留めているがいしを取り付けている鉄の棒の右端に、何時もは見かけないがいしを発見したのです!


(写真はエピソード再現の為、別の場所で撮ったものになります。)

それは見慣れない。赤いラインが描かれたお茶碗のようなものです。
当時は、「何故、植木鉢のようなものが電柱上に乗っかっているだろう?」と不思議に思ったものです。
それに中には何かが入っています。当時は緑色に見えたような記憶がありましたが、実際は白です。やっぱり植木鉢だと思ったんでしょうね
わざわざお茶碗を取り付けているのは、海から吹く潮風からがいしを守る役目でこれを取り付けています。
詳しくはこちらのページにて紹介しています。

エピソード2!(黒っぽいものが付いているがいしは目に見える。)

電柱上に取り付けられているがいしですが!
特に上部に取り付けられている3本の高圧配電線を支持しているクランプがいしが個人的には電柱の目であるかのように見えます。
これは3歳で電柱を好きになった時から、もう既にそのように見えていました。
上の写真の場合ですと目は6つあることになります。
そして、鉄筋コンクリート柱の最上部に取り付けられている尖がった物体は、電柱の帽子であるかのように見えてしまうのです。(笑)
そう見えてしまうことから、それぞれの電柱上部の形は、まるで生き物の顔のように見えてしまうのです。
これもまた、電柱を好きになったきっかけなのかもしれないです。

エピソード3!(がいしコレクションを始めた時)

がいしは電力向け製品ですので、実際に電財店にメールを送ってもやはり、返事が帰ってこないことがあります。
それを試行錯誤していて、ようやく大阪にある電財店からがいしを購入することができたのです。
それがこちらのピンがいしと言われるものです。こちらが個人的ながいしコレクションの中では初めて入手したがいしとなります。


白い陶器の部分が、UFOのような形をしているのがピンがいしです!
丁度、家の2階のベランダからも(工場内にある廃止済みの構内用配電設備の高圧引き込み柱上で)それを確認することができ、こちらも憧れていたものの1つになります。

エピソード4!(中学1年の頃より憧れていたグレーのカバーをゲット!)

これは、愛知県の名古屋や長野県の軽井沢など中部電力管内の供給エリアに行くと見ることができるのですが
こちらはまた、がいしとは違うもので絶縁カバー(充電部保護目的)のようなものになっています。
と言うのは、3本の高圧線を引き留めている、がいしの先端に取り付けられているグレーのカバーのことです。(引き留めクランプカバーと言います。)


中学1年で初めて行った、長野への修学旅行に行く途中やその旅館周辺にて、このカバーを見たときには、物凄い美しさを感じました。
これは、周りの景観を考慮する為に発明されたものなのだそうです。
従来のものでは、これは黒色をしているのですが、美化を考慮する為にグレーになっているのだそうです。
あれから7年が経った今、これまでの電柱好きエピソードを添えたメッセージを中部電力へ送信してみたところ
電財店を紹介して頂けることができ、購入することができました。
7年ぶりの夢が叶い、お蔭様でこちらのカバーも何時でも家で見ることができるようになりました。
どうやら、3つずつそれが取り付けられているところに、魅力を感じるみたいです。

電柱好きといっても好まない部分がある。

よく間違えられることがあるのですが、電柱好きといっても柱自体だけが好きなのではありません!
上部のそれぞれ個性ある形が好きなのです。
よって、グランドに立ってネットを張っている鉄筋コンクリート柱や電話類などを支持しているだけの電柱は、個人的な電柱趣味の中では範囲外のものとなります。
又、不思議なことに、電車の線路の上を通っている架線柱などにも全く興味がありません。

ゴロンディーナーの電柱趣味! トップに戻る

※当サイトは各電力会社・その他の企業とは一切関係ございません。

※当サイトの内容、文章、画像等の無断転載・無断使用は固くお断りします。
最近、当サイトに掲載中の画像が個人ブログやYahoo知恵袋等へ無断転載される事案が多発しています!!
無断転載は完全な著作権侵害となりますから、必要な方は必ず当サイトメールフォームよりご連絡下さるようお願い致します!
(当サイト内の内容をスマホやPCでスクリーンショットをして、それを公衆掲示板やツイッター等のSNSに投稿する行為も同様です!!固くお断り致します。)


inserted by FC2 system