ミニ講座その2

支持物に取り付けられているプレートの種類

電柱を少し見上げるとこんなプレートが2つあると思いますが、それぞれ意味があって釘打ちされているのです。

まずは、東京電力管内にある神奈川県横浜市内のあるプレートを例に挙げてみます。(地方や場所によっては色が違う場合があります。)
上がNTTが管轄する電話線や光ファイバー類の支線名称を示すプレートです。
続いて、下にあるのが東京電力が管理している各電柱番号を示すプレートにです。
基本はその電柱が建てられている地区名を示すことが多いですが、旧市町村名になっていることもあるようですので、そこは注意願いたいです。
なお、プレートの色にもそれぞれ種類があり、東電管内の場合は、白、シルバー、グレーなどがあります。
これらのプレートには、電柱を建てた年と電柱の高さのメーター数が印字されていることもあるようですが、グレーから白のプレートに貼り換えられている場合はほとんどそこまでの印字はないようです。(神奈川県内は特に)
しかし、地域によっては建柱年とメーター数が書かれたものがあり、特にこれは都内に多いです。(都内もそこまでの印字はない地域もある。)
その内の1つをまず紹介します。

江戸川区だけは特有でテプコマーク表記のある専用のプレートがあるようです。
この専用プレートには、建柱年、メータ数の印字がしっかりとされているプレートがついているので、何時建てられたものなのか確認することができます。
上記写真の意味は、逆井地区(旧村名でした)にある129号電柱、建柱年は1966年(同区の白色プレートは全て西暦表示となっている。)、電柱の高さは14メーターといった感じです。
続いて、都内中野区と杉並区のプレートを紹介します。
こちらの2区にあるプレートはテプコマークの表記まではないですが、番号とメーター数、建柱年月の印字はしっかりとあります。

建柱年数字の右に釘が来ていればそれは西暦表示ということになる。

なお、杉並区のものについては、西暦表示とのものと年号表示のプレートが混在しているようですので、そこは注意願いたいです。
上記写真の場合は、1966年9月に建柱、高さは14メーターといったところです。
ここで、上記写真のように、数字の右側に釘打ちされた釘が来ていれば、それは西暦表示。
しかし、釘ではなく、「.」が来ていれば、それは年号表示となるようです。
なお、下記写真は年号表示のプレートとなる例です。

ドット表記は年号表示

上記写真の意味は昭和41年1月に建柱、高さは14メーターといったところです。
因みに、この2区ではこの古いプレート(白)が劣化し破損したところもあったようで、グレーのプレートに貼り換えられているところもありました。
その場合は建柱年やメーター数の表示はないことがあるから、そこは注意願いたいです。

古い白色のプレートの代わりがなかったようで、やむなくグレーのプレートに貼り換えられた中野区の電柱
建柱年の表示はない。

こうして、他の地域とは矛盾しているところもあったりします。

また、電柱の建て替え(移設)を行っても、古いプレートをそのまま建て替え後(移設)の電柱に流用していることも稀にあるようなので、そこは注意願いたいです。
(その見分けは電柱の色合いで判断しましょう。古いものは大抵、茶色に染まっています。元々は白色ですから)
それから、古くからそのままの状態で残しているものや、今現在また少し普及しつつある、シルバーやグレーのプレートの場合は手書きで書くことが多いようなので、そういった手書きの場合は、建柱年、メーター数までが詳しく書かれていることが多いです。
下記写真は、神奈川県海老名市にあった1例で、古くからグレーのプレートを使い続けている地区の写真になります。

グレーのプレートの場合、古くから使い続けている地域では建柱年の印字がそのまま残っていることもある。

こういった場合は表記は年号表記で書かれていることが多いようですが、場所によっては西暦表示のところもあるようですので、そこは数値で判断する必要があります。
上の意味は、昭和41年8月建柱、高さは12メーターといったところです。

プレートの更新はされているようだが、正式な建柱年ではなく貼り換えた年月日が書き込まれていた間違っている例

ここで、プレートは貼り換えられたようなのだが、建柱年が正式な数値になっていない間違っている1例を示しています。

上記写真の電柱はどうみても、茶色に染まっており、古そうなのだが、なんと!建柱年は平成27年11月と比較的最近の年数が書き込まれていました。
これが、間違っている例です。偶にこうした間違ったものもあるようなので、そこは注意願いたいです。
プレートには謎の「K」の文字もありますが、それはもしかしたら貼り換えた年月であることを示す暗号なのだろうか

その他のプレートの意味

実は、電柱にはもう1つ、他の意味合いで固定されているプレートがあります、それがこれです。

近くの住宅にソーラーパネルなどの発電設備を取り付け、そこで余った電力を電力会社側に売電している住宅がある場合はこういったプレートがあります。
電力会社側の電柱から見れば、住宅から売電された電気を引き込んでいることの意味合いになるようでしょうから、下部には「発電設備連系引き込み柱」とのプレートも確認できます。
そして、その住宅側の発電設備と柱上に乗っかっている変圧器が連系しているので、その表示があるといった感じです。
ここで、連系について説明しますと
ソーラーパネルや風力発電等、適した条件になれば電力を売電できる余裕もあることでしょう。
しかし、天候に左右されやすい自家発電の場合では、当然、賄えない不足分の電力が発生することがあるから、その不足分は電力会社側から電力を買います。
よって、2つの系統が発生!詳しく言うと、自家発電で余裕が出てきて売電するなり、もしくは電力会社側の配電線からも電気を買ったりすることもあるから、2つの系統が発生!この2つを連系しているから、これを系統連系というようです。

他に、「逆潮流あり」との表示も見かけますが、これについても近くに自家発電で電力会社側へ売電できる住宅があり、電力会社側から買って消費している電力量よりも自家発電の電力量がオーバーした場合
当然ながら、電力会社側の配電線に逆流することがあります。その可能性がある電柱については「逆潮流あり」のプレートも追加されているようです。

おまけ・古いプレート等

こちらは未だに民営化前の昔懐かしダイヤル式4号黒電話でも数多くを目にしてきた、電電公社時代のエンブレムが描かれたプレートが!

ゴロンディーナーの電柱ファイル トップに戻る

ゴロンディーナーの電柱趣味! トップに戻る

※当サイトは各電力会社・その他の企業とは一切関係ございません。

※当サイトの内容、文章、画像等の無断転載・無断使用は固くお断りします。
最近、当サイトに掲載中の画像が個人ブログやYahoo知恵袋等へ無断転載される事案が多発しています!!
無断転載は完全な著作権侵害となりますから、必要な方は必ず当サイトメールフォームよりご連絡下さるようお願い致します!
(当サイト内の内容をスマホやPCでスクリーンショットをして、それを公衆掲示板やツイッター等のSNSに投稿する行為も同様です!!固くお断り致します。)


inserted by FC2 system