3歳の頃から、電力会社が管理する配電設備、電柱(配電線の電柱=配電柱)上部の形に興味があり、趣味で日々記録
当サイトでは、そんな3歳からの配電線好きが、配電設備について、新しいものから古いものを中心に紹介!
好きになった理由については、下記のリンクボタンにある「何故好きか?」をご覧頂ければと思います。
なお、当サイトにて掲載中の画像は、東電管内の電柱が中心となっています。地方のものにつきましては、画像リンクの下に設けた文字リンクの方で紹介しています。

まず、配電線って? 電柱と電信柱の違い


<ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー・リンクメニュー>

東京電力の電柱編 北海道電力の電柱編 東北電力の電柱編 北陸電力の電柱編 中部電力の電柱編 関西電力の電柱編 中国電力の電柱編 四国電力の電柱編 九州電力の電柱編 沖縄電力の電柱編

管理人のブログ

 

大正3年(1914年)設立の歴史ある電気書籍関連の出版メーカーさんにて、2020年(令和2年)9月19日より、ゴロンディーナー執筆の電柱の本が発売された。
その後は重版も行われ、国立国会図書館はもちろんのこと、日本全国の主要な市立図書館や区営図書館、大学の図書館にも配置されており、OPACで調べると出てくるようになった。

ゴロンディーナーの電柱趣味!

今月の写真は・・・

栃木にも幅の広い初代のFアームが実在!


Update:2023年2月3日

電柱上の年代物パーツを紹介!(1ページ目)に、鳥居型で下段1回線分岐と、上段から電源流入の旧式仕様!・こちらはやり出しにて!の2ページをアップ

<好きになった理由と趣味の内容を詳しく説明するページ>

実のところ、昔々、昭和何年なのかはわからんが、私の叔父(私の父親の母親の兄に当たる人物)が東電に勤めておったのじゃよ
業務内容は巡視でな!
(当時はバイクで巡視をしていたという話を聞いた。唯、送電か配電、どちらを担当されていたのかは不明)
そこからこの配電に興味あるのが流れてきたんじゃないかと思う次第である。

「何故好きか?」

何故興味を持ったのか、それについて詳しく説明するページになります!

↑高圧がいしと腕金を2つずつ並べた抱腕金装柱の例↑

<色々な種類をランダムで紹介!>

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー

種類を項目別にまとめてみました。各ページについている題名はあくまでもネタです。w

お気に入りの種類

<各電力会社の配電設備の全般を紹介!(予定)>

ゴロンディーナーの電柱ファイル
東京電力管内
ミニ講座その1 電柱と電信柱の違い
ミニ講座その2 支持物に取り付けられるプレートの種類
まず、配電線って?
低圧配電線の構造
1.支持物の種類
2.配電用がいしの種類
2-1.高圧がいしの種類
2-2.低圧がいしの種類
3.柱上の各設備の種類
4.上部形状の種類・全般
4-1.架空地線支持物の種類
4-2.引き留め、両引き留め、振り分け引き留め、真ん中のみ引き留めの種類
4-3.がいしの配列2:1の種類
4-4.がいしの配列3:0の種類
4-5.Fアーム等、離隔腕金の種類
4-6.D型腕金(Dアーム)の種類
4-7.その他・上部の継ぎ足し等
4-8.都市型配電の種類
5.変圧器の取り付け方の種類
5-1.変圧器の取り付け方の種類 その1
5-2.変圧器の取り付け方の種類 その2

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(東京電力の電柱編)

<その他・昭和時代>
昭和の配電用がいし・総まとめ!
昭和中期の配電設備なら
北海道電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(北海道電力の電柱編)

東北電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(東北電力の電柱編)

北陸電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(北陸電力の電柱編)

中部電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(中部電力の電柱編)

関西電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(関西電力の電柱編)

中国電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(中国電力の電柱編)

四国電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(四国電力の電柱編)

沖縄電力管内

ゴロンディーナーの電柱フォトギャラリー(沖縄電力の電柱編)

<新種専用の掲載ページになります。>

最近の配電設備の行方

最近になり、増加傾向にある新種タイプをひたすら掲載するページです。

ここより、古いものを中心に掲載中!!

年代物のパーツや古いタイプを一挙紹介!

電柱上の年代物パーツを紹介!

今となっては珍しい古いものを中心に掲載しているページになります。

1960年代の配電設備を再現するページ

木製電柱はこちらで紹介中!

ゴロンディーナーの木製電柱写真集

ここでは、神奈川県を中心に今も残り続ける、今となっては珍しい木製電柱を中心に紹介しています。

電柱クイズ

これができればあなたも電柱王者w

<その他・海や山奥にある不思議な支持物等を紹介!>

その他・不思議なものを紹介するページ

海の中を通る海中電柱の光景や廃鉱山に残る昭和の廃電設備等を掲載!

状況によっては変わる電柱

状況に応じて変わる支持物等、ちょいと変わったタイプを紹介

廃電線

電気の史料館にて(臨時閉館中)

ここでは、今では全く目にすることができない貴重な特別高圧ピンがいしや鬼怒川線のバンザイ鉄塔、それから日本最古の鉄塔(塔ノ沢線といって、昔箱根から横浜までを結んでいた。)まで望める!
まぁ、その中で私は、真っ先に配電のコーナーが気になったがw

電力館にて(閉館しています。)

こちらは電気の史料館に続く、東京都渋谷区にかつてあった近代的電気の未来館みたいな感じでした。

↑配電柱の展示物は
昭和60年代〜平成初期頃の形をしてました。
(おいらはやっぱりそこじゃw)

投稿作品

メールフォームより頂きました、投稿作品をアップしています。

歴代トップ画(Flickrにて掲載)

歴代トップ画

更新履歴

                       

注意事項

                       

その他、ブログ等

AH!電柱好き少年ゴロンディーナー

変わったタイプや珍しいタイプを中心に掲載している電柱ブログになります。

<電柱模型をちょいと掲載>

ゴロンディーナーの紙の電柱模型・スペシャルギャラリー
閉鎖

<管理人のブログ>

配電ウォッチャー!!ゴロンディーナー!

<ゴロンディーナーのちょっとした送電線の鉄塔記録>

送電鉄塔については、個人的には古い154kVとか275kVのものを好んでいます。w
ということで、それについてのちょっとした記録をここにアップw

↑こちらは、大正時代に建設された
6大!15万ボルト級送電系統!!
(猪苗代旧線、猪苗代新線、上越送電線、
群馬送電線、甲信送電線、田代送電線)
なる一部の歴史ある上越幹線である。
建設当初からなんら形が変わってない。
唯、雷害装置なるホーンは
新たにがいしのそばに増設されてはいる。
ゴロンディーナーのちょっとした送電線の鉄塔記録

私のメインは、街中の配電線・配電柱巡りが主流ですが、架空送電線の鉄塔については、特に旧鉄塔に興味があり、ちょいと巡ってます。w

↑建設当初は、世界第三位を誇った猪苗代旧線
いや、片品川線なる鉄塔です。
(2018年現在・現存確認)
片品川線と金井線には、特別に!
猪苗代旧線で使っていた鉄塔を採用した箇所があります!
それも部材はアメリカのカーネギースチール!!であるので
そこはお忘れなく!

メールフォーム

マスメディア出演・掲載履歴

その他

ゴロンディーナーの古道具コレクション

※当サイトは各電力会社・その他の企業とは一切関係ございません。

※当サイトの内容、文章、画像等の無断転載・無断使用は固くお断りします。
最近、当サイトに掲載中の画像が個人ブログやYahoo知恵袋等へ無断転載される事案が多発しています!!
無断転載は完全な著作権侵害となりますから、必要な方は必ず当サイトメールフォームよりご連絡下さるようお願い致します!
(当サイト内の内容をスマホやPCでスクリーンショットをして、それを公衆掲示板やツイッター等のSNSに投稿する行為も同様です!!固くお断り致します。)

 

Copyright (C) 2008-2022 ゴロンディーナー gorondeener all rights reserved

     

※当サイトに掲載中の画像、記述については、無断引用できません。
著作権は私、ゴロンディーナーにございます。個人のブログやまとめサイトなどに、参考画像として!勝手に上げないでください!!


inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system